指導教員プロフィール

飯野勝己(IINO Katsumi)

1963年7月31日 埼玉県熊谷市生まれ

●おもな経歴

埼玉県立熊谷高校、東北大学文学部卒業。
東北大学大学院文学研究科博士課程前期・後期修了、博士(文学)。
時事通信社と平凡社で編集者をつとめたのち、
2009年より静岡県立大学国際関係学部准教授。

●研究テーマ・関心など

もともとは哲学専攻で、現代英米の分析哲学や言語哲学を中心に研究してきました。
博士号は「言語コミュニケーションの哲学」の研究で取得。
しかし現在は視野を広げて、コミュニケーション全般やメディアについても考えていきたいと思っています。
まずは当面、「メディア倫理の再構築」というテーマに取り組みはじめたところです。

それから、このゼミで映像表現をテーマにしたこともあって、映画や映像についての関心も再燃中(昔は自主製作映画少年でした)。
生涯ベスト映画は『イージー・ライダー』と『驟雨』(成瀬巳喜男)です。あ、あと、『秋津温泉』(吉田喜重)もかな……。

●著書と論文

著書

著書書影
著書書影

『言語行為と発話解釈』勁草書房、2007年刊

おもな論文

「自然的意味再考」」『国際関係・比較文化研究』」第10巻第2号、2012年

「メディア倫理を改めて始めるために」『国際関係・比較文化研究』第9巻第1号、2010年
「発語内の力はどこに宿るのか」『科学哲学』36巻1号、2003年
「コンテクストとは何か」『フィロソフィア・イワテ』34号、2002年
など。